クール暖をおすすめする理由
Reason to recommend

無風・無臭・無音。穏やかでクリーンな空気品質

『クール暖』は、熱交換器からの水がパイプ内を循環し、放熱パネルから輻射波を放射する冷暖房パネルシステムなので、エアコンのように温風や冷風を出しません。さらに音もなく、臭いも発生しません。
また、室内の湿度に影響を与えないので冬期でも乾燥することがなく、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、目やのどに対する違和感など、今まで暖房器を通じて感じていた体の違和感、諸症状に対しても優しく、そして安心。部屋間の急激な温度変化によるヒートショックの心配もありません。

エアコン(空気暖房)の場合

クール暖(輻射暖房)の場合

風がない
風が発生しないので、アレルギーの原因とされているホコリや花粉、ダニなどが舞う心配がありません。風が当たる不快感や、お肌の乾燥も防ぎます。
ニオイがない
エアコンの場合、内部のホコリの付着やカビの発生により、送風口より不快なニオイが発生しますが、クール暖はニオイが出ず、クリーンです。
音がない
水を循環させるだけのシンプルなシステムなので、送風音や燃焼音がありません。気になる音が発生せず、静かで落ち着いた室内環境を実現します。

吹抜けなど天井高がある住宅でも、床と天井との温度差をあまり感じません。

エアコンなどの空気暖房の場合、上下の温度差が大きくなるため、天井高がある家では、シーリングファンを使って暖かい空気を強制的に下ろす必要がありますが、クール暖のふく射暖房は、上下の温度差が少なく、シーリングファンを使う必要がありません。足元も暖かく過ごせます。
*住宅の性能により上下の温度差が出る場合もあります。

エアコン(空気暖房)の場合

クール暖(輻射暖房)の場合

快眠のために効果的なクール暖

夏場、エアコンをつけて眠りについた後、冷風が身体にあたり、寒くなって夜中に目が覚めたり、エアコンのタイマーが止まり、暑くて目が覚め、またタイマーを入れるなどの話をよく耳にします。
冬はエアコンの風で空気が乾燥し、のどがカラカラになって目が覚めるなど、エアコン普及率が高い日本では、夏冬の環境要因から不眠症を引き起こし、日中の眠気、注意力の散漫、疲れなどの体調不良が起きます。
また、空気が動くエアコンは、空気中のカビやウィルスなどを舞い上げ、それを吸い込んでしまうことで、循環器系疾患の原因ともなります。風を発生しないふく射冷暖房は、風に対するストレスがなく、就寝中の身体にダメージを与えません。
快眠は健康の条件といいます。クール暖で心地よい眠りを実感してください。