クール暖を使用する際のご留意事項

クール暖は、高気密・高断熱住宅の優れた性能を活かす冷暖房システムです。
夏は冷水、冬は温水を循環させ、樹脂パネルから輻射熱を放射し、一年を通して心地よい温度、快適な室内環境を実現します。
クール暖をより効果的に心地よくご利用いただくために、当システムを運転する上で、次の事項をお守りください。

  1. 家全体の温度調整は、すべてヒートポンプリモコンの水温調整で行います。
  2. リモコンの水温設定は、冷房15℃、暖房40℃を基本に行ってください。
    ご利用いただく方によって室内の適温はまちまちですので、上記の基本水温から設定の上げ下げを行い、調整してください。
    夏季冷房時、寒いと感じる時は水温を上げ、暑い時は水温を下げます。冬季暖房時は夏季と反対の調整をします。
    ※リモコンの温度表示は、あくまでパネル内の流水の温度です。室内の実温度とは異なります。
  3. 当システムは、スイッチを入れてすぐに温度変化が出るシステムではありません。
    例えば、朝の外出時にスイッチを切り、夜帰宅してからスイッチを入れた場合、室温が適温になるまでに2~3時間以上掛かる場合があります。シーズン中は連続運転にし、リモコンに付属している省エネモードを上手く活用することで、より経済的で効率的な運転が可能です。
    ※スイッチを付けたり切ったりする間欠運転を行うと、温度差が大きくなるほか、ランニングコストが上がる場合があります。
    ※外出の際は、弱めの温度設定にするなどして、長期外出以外はスイッチを切らないようにしてください。
  4. 夏場、室内の環境は日差しに大きく影響されます。日差しの影響を軽減させるため、カーテン等で日差しを防いでください。
  5. 冬場、日中は太陽の熱を取り込む為にカーテンを開け、夕方からは窓からの冷気の侵入を抑えるためカーテンを閉めてください。
  6. 冬場は室内の湿度が下がり、乾燥状態となりますので、加湿器などの設置をお奨めします。
  7. クール暖には、除湿効果は有りますが、梅雨時など湿度の高い時に対応する能力はありませんので、冷房中、室内の温湿度環境により壁、床面の結露が起きる場合があります。その際は除湿機等を併用してください。
  8. 夏季冷房時は、パネル本体が結露(除湿)します。そのままにすると汚れの原因となりますので、定期的に洗剤等で拭き掃除をしてください。
  9. 冷房時、屋外のヒートポンプにヨシズ等で日陰を造ると省エネになります。